Thai cooking illustrated book  タイ料理研究家・フードコーディネーターの鈴木佳代子&曽根小有里 おすすめのタイ料理レシピなど



昨年、行って参りました私のタイの旅14日間を
タイ国政府観光庁さんのWSで紹介してくださっています(^ー^)♪
バンコク・イサーン・ラオスの楽しく食いしん坊の旅
よろしければご覧くださいね~。


10735790_768488859887673_1276859933_n.jpg
イサーン・ノンカーイ名物ネーム・ヌアン


10799476_775230309213528_127075085_n.jpg


10805419_775061892563703_355352846_n.jpg


10799618_772559126147313_1711184623_n.jpg
ロイククラトン(灯籠流し)のお祭りにて
☆マンダリンオリエンタルホテル☆




Kayoko





にほんブログ村 料理ブログ フードコーディネーターへ
タイ・ブログランキング

スポンサーサイト


パトンからカロンにあるセンタラビーチリゾートプーケットホテルに移動しました。
こちらはオンザビーチの昨年オープンしたばかりの新しいホテルです。
ここの一押しはプール施設
プールジャンプあり!スライダーあり!と
プールが充実しており大人でも楽しめます
また泊まってみたいホテルのひとつになりましたので
ちょっとだけご紹介します。



DSCF1565.jpg
建物は高級感がありピンク色でとっても素敵です


DSCF1579.jpg
私のいちおしプールジャンプ!
4メートルの高さからジャンプ
恐怖感のある高さです。
これ結構ハマりました


DSCF1609.jpg

小さい子供から大人まで何度も何度も飛び込んでましたよ~
ホント楽しいです!

女性は沈んで浮き上がるまでは要注意
ビキニを元の位置に戻してから上がりましょう


DSCF1574.jpg
2台のスライダープール。
これまた楽しいです。
わたし何度も滑り過ぎて水着に穴があいちゃいました
ほんとアホ
皆さんはご注意くださいね(笑)


DSCF1626.jpg
流れるプール


DSCF1572.jpg
大きなメインのプールがあり、大人用、子供用があります。



DSCF1629.jpg   DSCF1641.jpg
プールバーでは軽いお食事も。
プーケットのご当地グルメ・ホッケンミーもありました。



DSCF1633.jpg
プールサイドでグリルされたジューシーハンバーガー


DSCF1570.jpg 
プライベートビーチ
悪天候によりあまり海がきれいではなく残念。
次回に期待したいです!

DSCF1535.jpg  DSCF1536.jpg

DSCF1533.jpg  DSCF1534.jpg
泊まったお部屋はコチラ。
デラックスオーシャンフェイシング
お昼寝が気持ち良いテラスがお気に入りの場所になりました。

次回はプライベートプール付きのお部屋がいいかな~と思いました。
プールの先は海という景観で結構プールも広め。
滞在中お部屋のチェンジをお願いしようかと思っちゃいました(笑)

DSCF1559.jpg  DSCF1558.jpg
朝食のダイニングはこんな感じ。

DSCF1529.jpg  DSCF1530.jpg
ロビーからホテル棟は離れておりカートで移動します。
荷物がなければ徒歩もオッケーな距離です。

ホテルでのんびりビーチリゾートを楽しみたい方にはおすすめ。
コンビニやレストランへは車やバイクがないと不便です。
(ホテル前はタクシーいます)





センタラに滞在中に行ったおすすめレストランはコチラ。

シーフードならとお勧めされ行ってきた
シャロンにあるポーンパーンシーフードレストラン。
海沿いの席からはシャロン湾が一望できるとの事でしたが
夕食時に向かったため外は真っ暗。
海だかよく分からないままとりあえず海沿いのお席に座った感じに(笑)

お店はとっても広く入り口にはいけすが並んでおり
屋外・室内席の両方があります。
客層はタイ人がほとんどでしたが、英語のメニューがあるので
安くて美味しいシーフードが食べたい方はぜひ!
カタ地区からは車で15~20分位でした。

いただいたお料理はコチラ


DSCF1547.jpg
ソムタム・プーマー
青パパイアと生蟹のサラダ
新鮮な生の渡り蟹は甘みがあってソムタムとの相性ばっちり!
とっても美味しかった♪


DSCF1546.jpg
ホイ・ナンロム・ソット
フレッシュ生ガキ

添えられた薬味をのせマナーオ(ライム)を絞り、
お好みでチリーソースやシーフードソースをかけて
タイスタイルでいただきます。

DSCF1554.jpg
プラーサムリートード・ヤムマムアン
揚げたコットンフィッシュに甘酸っぱい青マンゴーのサラダをかけていただきます。
これおすすめ



DSCF1557.jpg  DSCF1550_20111107130440.jpg
ゲーン・ソム
南部地方のお魚のタマリンドカレー(左)
辛くて結構濃い目の味付け。
ごはんと一緒に。

カオパット・プー(右)
蟹のチャーハン

この周辺には新鮮なシーフードで安くて美味しい
レストランが何軒かあるそうです。
パライシーフード、ダンケーレストラン等々。
お気に入りのお店を探してみるのもいいかもしれませんね
次回は明るいうちに行ってみようと思います。






そしもうひとつのおすすめレストランはカタにある
ラープカタレストラン。
イサーン料理と言われるタイ東北地方の料理がいただけるレストランです。
ただレストランというより食堂?屋台に屋根がついた感じのちょっと小汚い感じのお店。
抵抗がある方にはおすすめできませんが(
お料理はとっても美味しかったのでちょっとだけご紹介します。

いただいたお料理はコチラ


DSCF1540.jpg
ソムタム・タイ
グリーンパパイアのサラダ

ここで食べたお料理全般に
辛いけどホッとするような良い感じの味付けで
とっても好きな味でした
ただちょっと汚いだけです(笑)

DSCF1539.jpg
ナムトック・ムー
豚肉のスパイシーサラダ。
ひとくちサイズに丸めたもち米といただくとサイコー♪


DSCF1538.jpg
ゲーンオム・ムー
イサーン地方の豚肉とお野菜のスパイシースープ。
こちらももち米といっしょに。


DSCF1542.jpg DSCF1541.jpg

カオパット・プー
かにのチャーハン。
ココの味付け好き

タイ人のお客さんがどんどん入ってくる
おふくろ食堂でした♪


これでプーケット滞在記は終了です。
なかなか天候に恵まれずの6日間でしたが
とっても楽しいプーケットになりました
明日からはバンコク日記・・・




by-k-a-c-o


テーマ:タイ - ジャンル:海外情報


プーケット滞在中はまいにち美味しいお料理をいただいてきましたので
今日はパトン周辺のレストランでいただいたお料理をご紹介したいと思います。
まずは高級レストランとしても有名なバーンリムパーから。

バーンリムパー
本格的なタイ王宮料理を楽しめることで有名な、老舗の高級レストラン。
パトンビーチの北にあり、同じ敷地内にはイタリアン レストラン “Da Maurizio” や
ニューワールドキュイジーヌ“Joe’s Downstairs” もあります。
ドレスアップしてお出かけしたいお店です。
日本語メニューもあります

DSCF1647.jpg
せっかくなので海沿いのお席をリクエストしてくださいね

ディナー時はピアノの生演奏があります。
ただこの日は、優雅とはちょっとかけ離れ笑いが絶えない演奏でした。
曲を途中でやめちゃうし、しょっちゅう間違えるし(笑)!
ちょっとタイぽさを感じられて楽しかったです


DSC_5649.jpg
お席からはこんな素敵な眺めが望めます。
ディナーならサンセット前に着きたいですね。



いただいたお料理は宮廷料理の特徴とも言える
甘みがあり濃厚な味付けと上品な盛り付けがとっても素敵でした

DSC_5659.jpg
トードマンプラー
タイ風さつま揚げ



DSCF1659.jpg
ナンプリック・ガピ
えび味噌のディップ・お野菜添え

白いごはんと一緒にいただくとさらに美味しいですよ。

DSCF1652.jpg
 ヤム・ソムオー
ポメローとチキンのハーブたっぷりサラダ
私の好物です。


DSCF1662.jpg
チュチー・クン
川海老のグリル・レッドカレーソースがけ


DSCF1661_20111106070135.jpg

カオオップ・サパロット
パイナップルの蒸し焼きチャーハン

甘酸っぱいパイナップルとパラパラとした香りの良いタイ米が
絶妙にマッチした私の大好きなごはん♪
豚肉や海老などが入った具だくさんチャーハンを
贅沢にパイナップルの器に入れて蒸し焼きにしたもの。


DSCF1667_20111106070134.jpg
ちょっと贅沢にお食事したい時や記念日などにはぜひ
その他トムカーガイ・パクタイ(ハーブと鶏肉の南部風ココナツスープ)、
ミーグロップ(ハーブ入り揚げビーフン)をいただきましたよ。
ひとり1000~2000Bの予算。
ワインも豊富に揃っています






ワインコネクション
ジャンクセイロン内にあるワインショップ兼レストラン。
なのでワインの種類も豊富で店内のワインを眺めながら選ぶ事もできます。
プーケットではシャロン、ラグーナ地区にも店舗があるそうです。
クリスピーなピザがとっても美味しいお手頃価格のレストランでした。


DSC_5619.jpg  DSC_5624.jpg

DSC_5629.jpg

バンコクやシンガポールにも店舗があるのでぜひ。


DSCF1442.jpg
夕食時のジャンクセイロンはとっても賑やか。






カップクルアイ
安くて美味しい料理ならココと勧められ行ってきたお店。
ホントお手頃価格ではずれなしの美味しいタイ料理をいただけました。
おすすめです!


DSCF1471.jpg
ブルーアイランドさんのBLOGでも紹介しているので↓ご参考に。
http://blogs.yahoo.co.jp/travelgateway2005/57677333.html


DSCF1469.jpg
写真のお料理は

ゲーン・ソム(お魚とタマリンドのサワ―カレー)

クンチェーナンプラー(生エビのスパイシーソース)

トード・マンクン(プリプリ海老のすり身揚げ・甘辛梅肉ソース添え)



DSCF1474_20111103085547.jpg
観光客とタイ人のお客さんで賑わっていましたよ。
また行きたいお店です♪


パトンのごはん日記はこの辺で・・・




そういえば、パトン滞在中はこんな日も
DSC_5633.jpg

DSCF1453.jpg
プーケット3日目の朝・・・
なんと道路が川になっていました



by-k-a-c-o

テーマ:海外グルメ - ジャンル:海外情報



プーケット滞在2日目プーケットタウンからパトンに移動しました。
ビーチロードへもバングラ通りにもすぐのザ・キー・リゾートにチェックイン
せっかくのプーケットですが、フィリピンの台風の影響でお天気が不安定です

プーケット内の交通手段はタクシーかトゥクトゥク。
ただバンコクと比べるとかなり高く感じます。
なので私の滞在中の移動はもっぱらレンタバイク。
小回りがきいてやっぱり便利~。
今回は1日200Bで交渉成立です。
ただ危険も伴いますのでおすすめはできませんが


DSCF1429_20111103085110.jpg
プールアクセスのお部屋はこんな感じ♪


DSCF1497_20111103085110.jpg
お部屋のテラスからの眺め



DSCF1515_20111103085109.jpg
オンザビーチでもないし、プールもそれほど大きくはないのですが
今回の旅の中で一番お気に入りのホテル


お部屋は新しくきれいだし、何より設備が最新式
お風呂にゆっくり浸かったり、とってもリラックスできるホテルでした~
あっ、価格もリーズナブル♪

ご参考までに・・・朝食重視の方には物足りないかも~。
食いしん坊な私はリーズナブル系のホテルでは
早起きして市場やレストラン食堂で朝ごはん。
ホテルではコーヒー&フルーツ
ちょっと高級系のホテルではお腹いっぱい朝ごはん食べてます

DSCF1525.jpg

ここ最近の私のお気に入りのリゾートスタイルは
前半は繁華街にアクセスの良いホテル
後半はオンザビーチののんびりできるホテルに移動が定番です


DSCF1480_20111103085108.jpg

一歩外に出れば繁華街。
ちょっと騒々しいかなって心配でしたが意外に静か。
のんびりくつろげましたよ~



DSCF1462_20111103085108.jpg
移動が多い今回の旅、タイ古式マッサージで癒してもらいました~。
プーケット オリエンタル ド プーケット&ハナコ
お手頃価格で清潔な店内。
とっても気持ち良かったです。
個室でのマッサージです。



今日はこの辺で。
プーケット日記つづく・・・


by-k-a-c-o

香港からプーケットへ移動。
香港-プーケット間はタイ国際航空の直行便があります~。
プーケット滞在1日目は地元の人たちが多く住むプーケットタウンへ。


今回のプーケット滞在で楽しみにしていたひとつが
奇祭とも言われるベジタリアンフェスティバル。
タイ語ではキン・ジェー(กินเเจ)菜食の意味です。
旧暦の9月に9日間、神通力の強くなるといわれているこの時期に
白装束をし、健康と幸福を祈って肉類や動物性の脂などを一切とらずに過ごします。
このお祭りではプーケットタウンの中国寺院が拠点となって、
パレードなども行われ、大豆を使った揚げ物や、炒め麺などの菜食メニューが
食堂や屋台に立ち並びます。

DSCF1414.jpg
タウンの屋台街へ行ってみました。
白装束をまとった人たちでいっぱい



DSCF1410.jpg DSCF1417.jpg
通りには普段のメニューとは変わって菜食メニューが立ち並びます。
・・・が私、キンジェーメニューが不得意。
バンコクに住んでいた頃は、
キンジェーが早く終わらないかと待ち通しかったたち・・・
どうしても動物性の食材を使った通常メニューに
目が行ってしまいます




DSCF1415.jpg



DSCF1420.jpg

プーケットナビさんでベジタリアンフェスティバルを紹介しているので
興味のある方はチェックしてみてくだいね。




DSCF1395.jpg
夜ごはんはずうっと気になっていたトゥンカカフェへ。
ランヒル公園の頂上にあり、プーケットタウンの街並みを一望できる
自然がいっぱいの素朴な雰囲気と家庭料理が楽しめるレストランです




DSCF1393.jpg
夜のランヒル公園のベンチは
地元の人たちのデートスポットになっていましたよ~
おすすめです




DSCF1401.jpg

↑の写真のお料理は
ソムタム・ムーヤーン(炙りポークと青パパイアのサラダ)
プリプリ海老のディップ・プーケットスタイル・お野菜添え


その他ホーモックタレ―にゲーンソム、ソムタム・マムアン等々注文して
シンハービールもたくさん飲んで、ひとり300~400Bくらい。
パトンの繁華街とはかわってお値段もお手頃ですね


DSCF1397.jpg
ご興味のある方は↓でチェックしてみてください。
YouTubeトゥンカカフェ



滞在初日から楽しみました~
明日はパトンのホテル移動!




by-k-a-c-o

テーマ:タイ - ジャンル:海外情報

// HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 タイ料理図鑑 all rights reserved.
Profile

kaco-&-Saai since2005

Author:kaco-&-Saai since2005
バンコクでタイ料理を学んだ、タイ料理研究家・フードコーディネーター『kayoko-&-Saai』のおすすめタイ料理とタイのお菓子をお届けします。

BrilliantProfile Kayoko    
  鈴木佳代子写真

    KAYOKO SUZUKI
     鈴木 佳代子 

タイ料理研究家    
フードコーディネーター

東京都在住
2000年より各国料理を学びながらフードコーディネーター専門校で学ぶ。その後2004年よりタイ・バンコクにて料理研究家竹下ワサナ氏のアシスタントを務めながら、タイ文部省認定のWandee Culinary School、マリサランゲージスクール、現地レストラン等で料理学び2006年に帰国。 現在タイ料理研究家として活動中。(各種イベント、講師、レシピ開発、執筆など) またタイ現地での生活経験やタイ好きが高じてタイ関連のCoordinator業務、テレビ番組、VPなどの映像制作、イベント企画運営に携わる。 タイの地方色豊かな家庭料理と自身大好きなビールに合うつまみ料理が得意。

Mail
kayokos925@yahoo.co.jp


 
BrilliantProfile Saai
 

     SAYURI SONE
     曽根 小有里

管理栄養士
フードコーディネーター
ソムリエ(日本ソムリエ協会認定)
ビアソムリエ

ノートルダム清心女子大学 食品栄養学科卒業
栄養士として勤務後、タイへ料理留学。タイ料理研究家・竹下ワサナ氏のアシスタントを務めながら、タイ文部省認定のWandee Culinary Schoolにてcertificateを取得。その後マリサランゲージスクール、現地レストラン等でタイの家庭料理、宮廷料理、フルーツ&ベジタブルカービング、タイスイーツを学ぶ。
帰国後はタイ料理、おもてなし料理などの料理教室講師を務める。
現在、各種企業や雑誌、WEB等に向けてのレシピ開発、撮影スタイリングを行う。

Mail
saai.sayuri@gmail.com


BrilliantWorks

█ 特定非営利活動法人Yum! Yam! SOUL SOUP KITCHEN様主催の
ヤムヤム青森のイベントにてシェフをさせていただきました。
2014/11

Kai Houseさんのサイトでレシピを紹介しています。鈴木佳代子

■自由が丘にあるタイ料理レストランクルア・ナムプリックさんの
一周年プレ企画「五感で感じるタイ料理」で一日シェフをさせていただきました。
2014.7.6 鈴木佳代子

ELLE à tableフードクリエイター部にて
ご紹介いただきました/鈴木佳代子

■イオン幕張新都心『タイフェア2014』クッキングステージ出演<鈴木佳代子2014.04>
   1378181_828614820500898_8480906549493411710_n.jpg


■タイレストランガイドフュージョン&スイーツ
タイスイーツレシピ16品ご提供    
  

別冊ワイワイタイランド タイ料理レシピ 2013 Spring    
タイ料理レシピ27品ご提供
   別冊WaiWai Thailand

■タイレストランガイドシーフード
簡単シーフードレシピご提供

303330_295788887165002_100002016798964_628705_1814347501_n.jpg

■月刊ワイワイタイランド
毎月10日発売
2010.9~
 タイ式調理器具で簡単レシピ!連載中
2009.9~
 タイのスイーツ工房連載

Asian Ace
シェフ対決カレー編~日本VSタイ
フードコーディネーターとして携わる
〈2012.6 鈴木佳代子〉

タイフェア2012
クッキングショー出演
〈2012.4 鈴木佳代子〉

■2011タイレストランガイドTHAI HERBS & VEGETABLES
簡単タイ料理レシピご提供
    タイレストランガイド2011
 
■Twitterシンハー公式アカウント
Spice up with SINGHA
シンハービールに合うお料理のご紹介

(株)アライドコーポレーション
 タイの台所新聞
創刊号~第6号SINGHA BEER料理レシピ連載
タイスイーツレシピ連載

2010タイレストランガイド
CURRY&NOODLE"

スイーツレシピご提供
シーン別オーダーメニュー監修
  


2009タイレストランガイド
DAILY

タイスイーツレシピご提供
タイスイーツメニュー監修

2008タイレストランガイド
BASIC
 
タイスイーツレシピご提供
タイスイーツメニュー監修

■TBS コマーシャル(インフォマーシャル)フードスタイリングを担当<鈴木佳代子>

3分クッキング
2009.9ココナッツ特集監修

Brilliant過去のお仕事情報はコチラをご覧ください。

Kayoko Suzuki




Sayuri Sone






BrilliantRanking
ランキング参加中です!
応援していただけると嬉しいです
  にほんブログ村 料理ブログ フードコーディネーターへ


当ブログのレシピ、掲載写真の無断転載は固くお断り致します。

Category
Today's menu
Comments
Links
ブログ内検索

RSS